エアコン掃除のメリットと効果

エアコンをクリーニングしないと何か困ることがあるのでしょうか?

エアコンクリーニング内部洗浄)をされ始めるようになったのは、私の記憶によれば1990年代後半頃からだと思います。

それまではあまり需要がなかったのか、気にならなかったのか…。

しかし、最近では住宅の高気密化によって、臭いの問題やハウスダストなどの問題があり、エアコンが汚れているまま運転をすると、エアコン内部の汚れが室内に吹き出し、余計に室内の空気を汚してしまうという悪循環が起こります。

特に最近では嫌な臭いがする、汗臭い、カビ臭いなどのクリーニング動機が目立つような気がします。

他には、エアコンクリーニングをしていないと臭いのほかに、風量が減少するということがあります。

自分で出来るエアコン掃除としては、一般の方であればフィルター清掃までが思い浮かぶでしょう。

フィルター清掃を最低限やっていれば、ホコリの目詰まりを起こすことも無く、長期間風量の減少は予防できそうです。

ただ、フィルター掃除を時々している、という方でもかなり掃除好き、マメな人の部類に入るほどで、普通の方はワンシーズンに一度程度のフィルター清掃程度にとどまっているようです。

エアコンクリーニング内部洗浄)を行う最大のメリットは臭いの除去と、熱交換器や送風ファンにたまっているハウスダスト(埃)やカビの除去です。

次いで冷房(暖房)効率の回復(アップではありません、買った時より効率が上がることはないですから…)。

汚れっぱなしのエアコンを稼働させていると、汚れた空気を部屋に撒き散らし、吸っているのと同なような気がしませんか?

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)