エアコンのカビを取る方法とは

エアコンカビ臭いときは、まず間違いなく内部でカビが大量に発生しています。

お風呂掃除

お風呂であれば、カビが出ている部分に市販のカビ取り剤を塗っておけば良いのですね?

しかし、エアコンの場合だと見えないところや手の届かないところにも、たくさんカビが生えてしまうので厄介なんですね。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

見えないところのカビ取りの方法は?

はっきり言ってエアコンのカビ取りは、素人の手には負えないです。

適当に手を出してやってしまうと、かえって面倒な結果になってしまうでしょう。

エアコンのカビを除去する方法は、分解クリーニング内部高圧洗浄)以外には無いのではないでしょうか?

夏場になればテレビコマーシャルでもエアコンクリーニングのTVCMが流れますが、あれを見ていても完全分解しているわけではありません。

見えない裏側に当たる部分に頑固なカビが発生しているときなどは、どうしても取り残しは止むを得ません(もちろん事前説明はされると思いますが…)。

完全分解(オーバーホール)してやれば、全てのカビを除去できる可能性もありますが、かかる費用を考えると費用対効果が良くなく、全く見合いません。

通常、TVCMで見ることが出来る掃除方法が一般的ですが、あれでもほぼ汚れやカビを一掃できるので、よほどの方(医療的に問題があったりする場合のみ)でなければ、全く問題ないレベルまでに仕上がります。

ただし、何年も長期間ほったらかし状態だった、放置エアコンの場合は汚れ(カビ)自体が蓄積されている分取りきれないこともあるでしょう。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)