エアコンがカビ臭い

去年までは何とも思わなかったのに、暑くなってきたのでエアコンで冷房し始めたらなんだか異臭が…、カビ臭い、汗臭い、酸っぱい匂いが漂ってくる。

これは、エアコン内部の汚れとお部屋の臭い、それとカビの臭いです。

送風口から吹き出すものは、匂いだけではありません。

ハウスダストはもちろん、カビの胞子までもが大量に噴出します。

部屋中がカビの胞子で蔓延してしまい、健康にも悪影響が心配されるかも、という感じに思えてしまうほど。

アレルギー体質の方はたまりませんね。

カビの害は病気も誘発、赤ちゃんのいる家庭ではとても心配です。

さらに健康面だけではなく、様々なところへ入り込み、条件次第で更なるカビの被害を生みだします。

エアコンのカビの原因は冷房時に内部で発生する水滴(結露水)と、部屋のハウスダストやホコリたちです。

これは、クーラーとして使用する以上、カビを予防することは不可能。

ならば、カビが生えたらどうするのか?

掃除するしかありません。

しかし、一般人にはとてもエアコン内部の洗浄なんて無理なことです。

毎年というのは多いと思いますが、2~3年に一度の割合で専門業者にクリーニングをしてもらうと、ベストな状態が保てるでしょう。

もちろんそれ以上長い間隔でも大丈夫ですが、期間が長くなればなるほど落とせない汚れが出てくる可能性もあるのです。

間違っても、エアコンのカビにカビキラーなんてことしちゃ絶対ダメですよ!

カビ取り剤というのは塩素系漂白剤で、主成分は次亜塩素酸で、他に水酸化ナトリウムなどが配合されている強アルカリ洗剤です。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)