スイッチオンで大量のカビが吹き出す?

内部洗浄クリーニング)清掃をしていないエアコンからカビなどが大量に吹き出しているって本当でしょうか?

エアコンをクーラー(冷房)で使用すると必ず内部結露が生じます。

と、同時に室内のハウスダストと発生した水分で、暑い夏の間(適度な温度)にカビが発生してしまいます。

1年使用したエアコンでもカビが付きます。

その翌年からは、暑くなってきたときの最初の運転時に冬の間に使われなかったエアコンの中ですくすくと育った、かび達は一斉に送風口から吹き出して室内に充満するというのです。

夏の使い始めに一体どれだけのカビの胞子やハウスダストなどが吹き出すのでしょうか?
シーズン最初のエアコンを使い始めの始動時がやはり一番ホコリやかびの胞子や、臭いの量が多く、最大値を示すそうです。

しかし運転開始後は徐々に減っていき、約30分間ほどで吹き出す量は一旦落ち着くと言われています。

つまりエアコンシーズン最初は、あまり暑くならないうちに窓を開けてエアコンを一度つけて、30分以上運転させて、換気してしまえば良いということになりますね?

暑くなってしまってからは、なかなか出来ないので早めの処置が大切です。

何年かしたら、エアコンクリーニングすると内部はキレイになりますが、その時だけなので来年にはまたカビや汚れが吹き出すことになります。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)