エアコン内部のカビ予防方法

エアコンというのは冷房時にどうしてもカビを作る原因を作り出しています。

カビを発生させる原因のひとつは水分です。

エアコンを冷房運転させると、エアコン内部で結露現象が起きるので、カビ発生の条件のうちのひとつの水分を与えてしまう結果になるんです。

エアコン内部に発生したカビはエアコンの掃除、高圧洗浄機を用いて清掃するエアコンクリーニングをやれば、大体はきれいに除去されます。

しかし、エアコンクリーニングも安価なものでもなく、気軽に毎年注文するということも出来ません。

そこで、もしもエアコン内部のカビが予防出来たら?

もし、カビの発生を抑えることが出来るのなら?と思いませんか?

冷房によって発生するカビの成長を遅くする方法とは、冷房後の送風運転です。

エアコンをすぐに停止させるのではなく、しばらくのあいだ送風運転をすることで、内部の乾燥を促進させることで、カビの成長を遅らせることが期待できるのです。

最近のエアコンでは冷房だけではなく、暖房もできる冷暖エアコンが多いのですが、暖房が可能であれば、暖房運転をすることで、夏に熱交換器に付着した人の匂いや生活臭を蒸発させることが出来ます。

さらに、暖房運転時は熱交換器が熱せられることで付着しているカビの胞子を不活性化させる(弱らせる、無力化させる、衰えさせる、鈍化させる)ことが期待できるのです。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)