エアコンの臭いは汚れのサイン

機械臭以外の匂いは、基本的に内部にある(たまっている)汚れの匂いが室内へ出てると考えましょう。

加えて言うと、新品のエアコンだと、一時的に機械臭と呼ばれるニオイがすることがあるかもしれません…。

しかしそれも稀で、普通はそのような臭いは出ないので、不良品とも言えそうです。

つまり、エアコンをつけると臭いというのはエアコンの内部が汚れているからです。

くさい匂いが強ければ強いほど内部の汚れは深刻です。

すぐにでもクリーニングをしたいって感じです。

そして、カビの匂いがすることが多いとは思うのですが、カビ臭いのであればエアコン内部には間違いなくカビが生えています、しかも大量に!

カビの臭いを強く感じるほど、発生しているカビの量も多いというふうに考えると良いでしょう。

エアコン内部を高圧洗浄してもらうエアコンクリーニングを行うと素人ではできない熱交換器以外の風の通り道全部をきれいにしてもらえるので、カビ臭はほぼなくなります。

料金はかかりますが、自分で挑戦してなんとかできるものでもありませんので、素直にプロに任せるほうが費用面でも良いです。

カビの臭いがしなくて、汗臭い匂いであったり、油臭い匂いの場合も同様ですが、この場合はいつカビが大量発生しても不思議でない状況です。

気付いたらエアコンクリーニング内部洗浄)を検討したほうがいいですよ?

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)