エアコン掃除を自分でやるときは

倒れ込む女性

エアコン内部クリーニングを自分でするときは大変です。

確かにエアコン内部洗浄を業者にやってもらうと、かなりの料金を請求されます。

しかし、DIY感覚でなんとなく日曜大工的に終わるんだろう、って思っていたら大間違いです。

フィルター自動お掃除機能付きエアコンでもなければ、ちょっとメカに詳しいひとなら本体パネルを外して内部のエバポレーターまでたどり着くことくらいまではできるでしょう。(送風ファンまで分解することは、よほど気合が入っていなければ出来ないでしょうが…)

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

プロにお願いするには理由がある

そして驚愕の事実ですがエアコン掃除は、この状態(分解後)からが始まり(スタート)です。

空気を冷却する心臓部の熱交換器フィンの掃除は市販の洗浄スプレーなどを使って何とか出来たとします(ただし、エアゾールスプレーの圧力だけでは実際は洗浄力が不十分です)。

さらに吹き出し口の多くのフラップ系の羽根は一つ一つ丁寧に拭き上げていけばなんとかなりますが、送風ファン自体はそうとう手強いですよ。

まず、本体から外れていない状態できれいにできるほど甘いものではありません。

少しでもホコリが残っていれば、あとでスイッチを入れた途端それらが吹き出し口から一斉に吹き出してきます。

もちろん埃の中にはカビやカビの胞子も沢山含まれています。

エアコンクリーニングに適した道具と知識・経験を持ち合わせていないのであれば疲れるだけで、あまりきれいにならないのが現状です。

素直にプロに任せたほうが良いと思うのですが…?

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)