エアコン分解クリーニングって言うけれど…

スイッチを入れたら、中から臭い空気が吹き出してきたので、専門業者にエアコンクリーニングを依頼したら・・・。

考える女性

確か、エアコンの分解クリーニングって言ってたと思うんだけど、全面カバーをパカッっと外しただけで掃除を始めた。

一体どこが「分解洗浄」なんだ?

と思ってしまうんですが、どの業者、お店でも家庭用壁掛け型エアコン(普通のエアコンのことです)の分解はカバーを外す程度で分解作業は終わりです。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

カバーの着脱だけで全部きれいになるの?

なぜなら、家庭用エアコンの構造上前面パネル(カバー)を外すだけで、ほとんどの汚れを除去できるからなんです。

でも、「ほとんどの」ということは汚れを除去しきれないところもあるということ。
それは手の届かない、見えない場所にあります。

見えないところへアクセスするには、オーバーホール並みの分解を行わないといけないのですが、そこまでやると料金が大幅に上がります。

せめてクロスフローファン(送風ファン)を取り外せればいいのですが、それも軸のずれ等のリスクがあります。

費用対効果(コストパフォーマンス)的に一番いいのは、やはり従来からの全面パネルを外す程度の分解作業でエアコンクリーニングをやること、なんです。

ただ、言葉尻をとるわけではないのですが、全面カバーを外す作業も一応、”分解”と呼ばれますが・・・。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)