スポンサードリンク


TOP 自分で出来るエアコンクリーニング >エアコンフィルターの掃除で気をつけること

エアコンフィルターの掃除で気をつけること


フィルターお掃除はしていますか?

エアコンは室内の暑い空気を吸って、内部で熱交換をして、冷えた空気を吹き出しています。

室内の暖かい空気を吸い込むときにエアフィルターを通過しますが、その際大きめのゴミや埃はフィルターでとまります(濾過される感じ)。

使い続けると、当然フィルターは目詰まりしていきますが、ひどいものになると風を通さなくなる状態までになっている場合もあるんです。

犬や猫など、室内で飼っている場合などは特に注意が必要で、意外と多くの犬猫の毛がフィルターに付着していくものです。

フィルターが目詰まりすると、空気を吸い込めないので、当然吹き出しも出来にくくなります。


フィルターは定期的に掃除することが重要なのです。


しかし、間違った方法ではうまく汚れが除去できないし、時間ばかりかかってイライラもたまりますね?

フィルターは掃除機を使う方が多いと思いますが、フィルターの内側から掃除機をかけてはいけません。

埃は外側(室内側)にたまりますので、掃除機は外側からかけることが基本です。

そして、年に一回程度は、お風呂場などで、シャワーを使って水洗いすることも必要です。

シャワーは掃除機の時とは逆で、内側から外側に向かってかけること。

ブラシを使う場合は優しく擦らないと、エアコンのフィルターは意外と柔らかく、弱いものですから、傷めることにもなりかねません。


posted by 掃除の達人 at 22:27 | 自分で出来るエアコンクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク