スポンサードリンク


TOP 自分で出来るエアコンクリーニング >自分で掃除してはいけない所とは?

自分で掃除してはいけない所とは?



エアコンが臭いときや、吹き出し口から風と一緒にゴミやホコリが吹き飛んでくるときは、自分で掃除せずに、プロのエアコンクリーニングの掃除を頼んだほうが総合的に見て良いのではないかと感じます。

洗浄スプレーで熱交換器(エバボレーター)を洗浄したり、細かい場所に届く掃除機のアタッチメントノズルなどを駆使して吹き出し口の奥などのゴミ除去をしたりと、やろうと思えばできるかもしれません。

しかし経験者(掃除業者でクリーニングの経験が豊富な人)でも自宅にある道具だけで、一人で自分だけでキレイに掃除してみようとは思わないと思います。

それほど、エアコンの掃除というのは、専用の清掃道具と経験と知識を必要とします。


取扱説明書の「お手入れ」のページにも、フィルターのお手入れ方法は記載があると思いますが、それ以上の部位までは書かれていません。

下手に洗うと・・・、そんな簡単には壊れませんが、いざ行おうとすると怖いと思います。

まぁ、見かけだけでも、という方は掃除機で付いたホコリなどを吸い取っておけばいいと思いますが。

手の届く範囲であれば、中性洗剤などを使い拭いてもいいのですが、奥にある風を送るファンは下手に手を出さないほうがいいですよ。

中途半端に触ると、運転時に風と一緒に余計なホコリ&ゴミなどを撒き散らす原因になります。

posted by 掃除の達人 at 16:58 | 自分で出来るエアコンクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク