スポンサードリンク


TOP 日常の掃除方法について >エアコン内部に汚れを溜めない意外な方法

エアコン内部に汚れを溜めない意外な方法


エアコン内部の汚れは室内のチリや、ホコリの蓄積と、夏場の冷房時に発生する結露水が加わって出来るカビ汚れとバクテリアの繁殖が2大原因です。

それによって特に夏、冷房運転時にスイッチをいれた直後に、あのイヤ〜な臭いが出てくるんです。

臭いとホコリは別物と思われがちですが、吸い込んだホコリと内部で発生する水で、バクテリアを繁殖させ、かびが大量発生する原因となります。

どちらの対策も、エアコンを掃除することです。

内部を高圧で洗い流してくれるプロのエアコンクリーニングをやってもらうことは、効果が抜群です。


エアコン内部に汚れを溜めない良い方法があれば良いと思いませんか?

意外な盲点ですが、室内にホコリ(ハウスダスト)が少なければエアコンが吸い込むホコリの量も少なくなりますね?

簡単なことですが、掃除をこまめにすることで、エアコン内部に蓄積される汚れを遅らせることも期待できそうです。

いきなり掃除機をかけずに、まずは濡れた雑巾(化学ぞうきん、化学モップでも可)で最初に水ぶきする方法が、ほこりを舞い上げない効果的なやり方だそうです。

エアコンクリーニングをするまでの期間も長くて済むかもしれません。

余談ですが、フィルターを掃除していないエアコンほど内部の汚れは少ないような気がしますが、通気性が悪いので電気代はかかってしまうでしょう。


posted by 掃除の達人 at 21:08 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク