スポンサードリンク


TOP> 日常の掃除方法について

風邪の症状の原因はエアコン!?

夏になると、風邪のような咳(せき)が出るときがあります。

本当に夏風邪をひいたのなら、原因がはっきりしているので良いと思います。

夏は暑いのでエアコンで室内を冷やしますが、意外と現場にいる人間は寒いとは感じていない場合があって、外気温との差が思いのほか開くと、冷房の効いた部屋と聞いていない部屋との行き来が、自律神経を狂わせたり、エアコンの温度差で本当に風邪をひいたりしてしまいます。

しかし、もっと怖いのがエアコン内部の汚れが原因で、風邪のような症状が出ているときです。

エアコンの内部は新品のエアコンでも一度冷房を使えさえすれば、その瞬間から汚れはじめ、カビの繁殖が始まります。

同時に室内の空気を熱交換器の結露水が確保しながら、エアコン内部は相当汚れた状態になっていくんですね?

その汚れは予想以上と思ってください。

特に、春先から夏にかけて、シーズンの最初に使い始める1回目が、一番多くエアコン内部にたまったカビや細菌などの汚れが吹き出す瞬間です。

使い始めには、部屋の窓を開け、喚起を良くして30分間ほど運転をしてやれば、相当マシになるそうですが、それでもカビの胞子なんかが部屋中を舞い続けることは避けられません。

普通の人が出来ることと言えば、エアコンの取扱説明書にも書かれているように、エアフィルターのお手入れをこまめにすることです。

しかしどれだけ几帳面にフィルター掃除をしたところで、エアコン内部にはどんどん汚れがたまっていくのです。

今は、エアフィルターはエアコンの自動おそうじ機能(おそうじエアコンとか呼び方はメーカーによって色々です)によって、フィルターは自動で定期的にキレイになるので、私たちは何もすることがなくなってきています。

でも、たとえフィルター自動クリーニング機能があっても、エアコン内部が汚れることまでは防げません。


エアコン内部の汚れ対策で一番効果的なのは、やっぱりプロのお掃除を頼むことです。


おそうじのプロの手による専門機器を使った高圧洗浄によるエアコンクリーニングで、エアコン内部の汚れは相当減ります。

オーバーホール(完全分解クリーニング)するわけではないので、全ての汚れが取り切れるわけではありませんが、差は歴然です。

おすすめのエアコンクリーニングのタイミングは暑くなる直前の、エアコンを使う前です。

posted by 掃除の達人 at 16:30 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カビ臭を抑えるための簡単な方法とは


なぜ昔のエアコンは掃除しなくて良かったのでしょうか?

今のエアコンはリモコンがついているので、電源のオン・オフは一発です。

ちょっとした付加機能があるものなら、内部乾燥という目的で冷房停止後もしばらくは自動で送風状態を続けた後停止てくれるものもあります。


一昔前のクーラーと呼ばれていた冷房専用機の場合、冷房運転をする前に5分程度の送風運転を、また停止前の5分から10分ほどは、送風運転をしなければ、壊れると教えられて送風運転をしていました。

運転前後の送風運転という手順が功を奏してカビの抑制に役立っていたのではないでしょうか?

夏季に冷房運転をするとエアコン内部には必ず水(結露水)でビショビショに濡れてしまいます。

そのままスイッチを切ると内部が濡れたまま室温が上昇し、高温多湿状態になり、運転中に吸い込んだホコリやハウスダスト、かびの胞子などでカビが一気に育つ環境が出来上がってしまいます。

電源オフのまえに送風運転をすると、内部の湿度を排出し乾燥させることが可能で、カビの増殖を抑制する効果が期待できるのです。

それにしても、その頃でもカビの発生や酸っぱい臭い、雑巾のような臭いは発生していたと思われますが、そのころは気にする人もいませんでした。

そもそも、普通の人はエアコンクリーニングなんて発想もなく、水をかけるなどということが出来るとは夢にも思わなかったでしょうね。


posted by 掃除の達人 at 22:04 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルター自動お掃除ロボットの実力とは



フィルター自動お掃除機能付きエアコンは私たちは本当に掃除しなくても大丈夫なんでしょうか?

通称、お掃除ロボットと呼ばれているフィルター自動お掃除エアコンですが、量販店などでは、いかにもメンテナンスフリーのように説明されます。


はたして本当にユーザーは何もしなくても大丈夫なのでしょうか?

フィルター自動お掃除機能というのは、冷房をしているのかドライ運転なのか、もしくは暖房を使っているのか?という条件や、運転時間の関係などから電源オフ時に自動的にフィルターに付着していくゴミやホコリを除去してくれます。

機種によってはカビを抑制するなどの効果を狙って、一定時間経過後に内部を熱乾燥させる機能を持ちあわせているものも販売されています。


実際の運用時にどれだけメンテナンスフリーなのかが疑問視する方も多いようですが、フィルターを時々掃除機で掃除する手間からは解放されることは間違いありません。

実際に、3年経ってもフィルターはキレイなままでした。


ただし、油分の多い台所のような場所(特に換気がうまく出来ていない場合に油分が増加します)では、うまくお掃除機能が間に合わないようで、シーズンの初めか終わりに洗剤または水洗いが必要になることもあります。


posted by 掃除の達人 at 21:11 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルター掃除はこまめに


クーラーのフィルター掃除は2週間程度を目安に・・・と、取扱説明書には書いてありますが、現実問題そんな頻繁に掃除をしている方はいないのではないか?と思えるほどの頻度ですね?


フィルターのクリーニングといっても、掃除機がけ程度で十分なのですが、あまりに汚れがひどい場合は、洗剤を使って水洗い清掃をするほうがいいでしょう。

たまには洗ったほうがスッキリしますので、シーズンに1回程度お風呂場などで、洗うのがベター。

ただし、紙製等の特殊なもの(大抵は脱臭フィルターであったり、わさびの抗菌フィルターだったりしますが)洗えないフィルターもあるので取扱説明書をよく読んでから始めてください。


内部に蓄積される汚れの比率はフィルター清掃をこまめに行っても10%程度の軽減効果しかないと言う方もいるようです。

しかし、エアーフィルターが目詰まりしたときの冷房効率の低下や風量の減少で、エアコンに無理がかかったりしますし、電気代も余計にかかり良いことがありません。

自分で出来る掃除は自分でやり、内部の汚れや、もうダメだと思ったらプロの掃除業者にエアコンクリーニングを依頼することが賢いやり方ではないでしょうか?

実際、内部クリーニングを自力で行おうとするのは至難の技ですので、中途半端にするならやらないほうが身のためです(きちんとやらないと汚れがかえって吹き出します)。


posted by 掃除の達人 at 16:49 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンクリーニングした直後なのに臭いとき


通常プロの清掃直後に臭い匂いがする場合は、ほとんどの場合は洗浄不足だと推測されます。

料金をいただき掃除しているのですから、もちろん手抜かりなど無いように念入りに掃除するのですが、なぜか臭いが残る場合があります。

目視で分かる場合(洗浄残り)もありますが、分からない場合もあります。

目の届かない場所に大量の汚れ(カビやバクテリアの繁殖など)が付着していると勘を頼りに掃除するしかありません。

エアコンクリーニングの翌日から匂う場合、普通は再度クリーニングすることで臭い匂いは消えると思います。

しかし、その後も再び早い時期に匂ってくる場合は他に原因がありそうです。


その原因とは、室内の匂いの元。

匂いは、住人は気付けないことがありますので、意外な盲点とも言えるでしょう。

理美容院などを想像していただければ分かりやすいと思いますが、営業中は大量のヘアスプレーを使用、様々な臭いのする薬品などを使用する理美容院は、入店したとたんに、独特の臭いがあるものです。

そんな場所であれば、1日エアコンを運転すれば、においが着いてしまうのも仕方ないと思うのですが…。

室内に残留する強い臭いを付着させない対策は、換気でもして臭いを排気するしかないようです。

カビ臭や、バクテリアの繁殖による臭いには、これ以上、臭いを増やさないための停止前の30分程度の送風運転は結構効果が期待できるそうですが…

posted by 掃除の達人 at 20:42 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコン内部に汚れを溜めない意外な方法


エアコン内部の汚れは室内のチリや、ホコリの蓄積と、夏場の冷房時に発生する結露水が加わって出来るカビ汚れとバクテリアの繁殖が2大原因です。

それによって特に夏、冷房運転時にスイッチをいれた直後に、あのイヤ〜な臭いが出てくるんです。

臭いとホコリは別物と思われがちですが、吸い込んだホコリと内部で発生する水で、バクテリアを繁殖させ、かびが大量発生する原因となります。

どちらの対策も、エアコンを掃除することです。

内部を高圧で洗い流してくれるプロのエアコンクリーニングをやってもらうことは、効果が抜群です。


エアコン内部に汚れを溜めない良い方法があれば良いと思いませんか?

意外な盲点ですが、室内にホコリ(ハウスダスト)が少なければエアコンが吸い込むホコリの量も少なくなりますね?

簡単なことですが、掃除をこまめにすることで、エアコン内部に蓄積される汚れを遅らせることも期待できそうです。

いきなり掃除機をかけずに、まずは濡れた雑巾(化学ぞうきん、化学モップでも可)で最初に水ぶきする方法が、ほこりを舞い上げない効果的なやり方だそうです。

エアコンクリーニングをするまでの期間も長くて済むかもしれません。

余談ですが、フィルターを掃除していないエアコンほど内部の汚れは少ないような気がしますが、通気性が悪いので電気代はかかってしまうでしょう。


posted by 掃除の達人 at 21:08 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンを掃除しないと健康に影響を及ぼすことも



ご家庭のエアコンの掃除はどの位の頻度で行っていますか?

メーカーの取扱説明書には、フィルターの掃除を2週間に1回程度掃除機がけをしてください、とあります。

多くの人はエアフィルターの掃除を年に一回程度(シーズンに入る前か、途中、または終わったあとカバーをかける前に)する感じでしょうか?

ましてや、内部の汚れなんてほとんど気にせず、もちろん掃除などしたくても出来ないのが実情です。

そして気付けば、内部の汚れは深刻なものに…。


エアコン内部の深刻な汚れの正体とは、ホコリではありません。

冷房使用時に発生する水と吸い込んだ埃(ハウスダストなど)を餌にカビが発生するんです。


なかには、健康に深刻な影響を与えるカビがあります。

アスペルギルスというかびは、長期間吸い続けることで肺や気管支を破壊し、放置していると呼吸不全の末、死に至ることもあるという恐ろしいもの。

アスペルギルスは、エアコンの吹き出し口や、浮遊粉塵などから高頻度で検出されるそうです。

エアコンのスイッチを入れることで、カビの胞子が部屋中に拡散するなんて想像しただけでも怖いですね?

カビの被害から身を守る効果的な対策は、エアコンクリーニングで内部を高圧洗浄することです。

使えば使う時間に比例して汚れるものなので、通常のリビングで推奨期間は約3年ごととも言われています。

短いような気がするかもしれませんが、意外と内部の汚れは蓄積されていきますよ。


posted by 掃除の達人 at 20:48 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖房時もエアコンからカビが出るのか?



エアコンクリーニングをしていないエアコンからは、内部に溜まっている室内の汚れ(ハウスダストやチリホコリ)やカビの胞子が吹き出しているというのは常識となりつつあります。


エアコンクリーニングという商品の特性上、繁忙期(シーズン)は夏になってしまうようで、当然ですが、夏は最も受注が多くなる季節です。

夏の冷房時のエアコンから出てくる風の臭いは気になりますね?

しかし、冬場の使用に関してはあまり気にされない方が多いのではないでしょうか?

人間は、冷たい空気よりも暖かい空気のほうがニオイを敏感に感じ取れるでしょう。

夏にエアコンを使って内部の汚れをため込んでいるにも関わらず、冬に使うエアコンからはニオイが臭いとかあまり聞かないような気がするのは不思議ですね?

実は、夏場の冷房時にエアコンは必ず内部結露を起こします。

この結露水がカビ汚れの問題を大きくする原因なのです。

しかし暖房で使用する場合、夏とは逆に内部結露を伴いません。

つまり水分がありません。

相対的に湿度も極端に下がります。

つまりカビが繁殖できない環境になっていたんです。


冬、暖房時にカビの胞子が吹き出さないということはないのですが、夏と比べると比較にならないほどの小さな被害規模となって気付きにくいだけのようです。


ただし、エアーフィルター掃除はこまめにしましょうね。


posted by 掃除の達人 at 20:15 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコン内部にカビを生えさせないポイントとは



エアコンを使っていくうちに内部や吹き出し口周辺に黒い点々が見え始めることがあります。

これらの黒点は実は、かびの一種で、冷房運転をするうえではどうしても発生を防ぐことはできないように思います(必ずカビが生える)。

しかし、エアコンの使用方法のちょっとした工夫をすることで、カビの発生を少しでも遅くできるのならやりますよね?

カビの発生原因のうちのひとつである、湿度を下げてあげればいいんですが、やり方はとても簡単です。

エアコン内の湿気は結露が原因

エアコンを冷房で使用すると必ず結露します。

結露がつかないようにするとエアコン内部にはカビが生えにくくできるのです。


毎回、冷房運転を停止するときに30分程度、送風運転するだけで、カビの発生を遅くできます。

クーラー停止後の送風運転は、エアコン内部に溜まってしまう湿気をとばしてくれます。

冷房運転を停止してエアコンをいきなり止めると結露水はエアコン内部で気温の上昇と共に湿度が上昇する原因になります。

送風運転をすることは、エアコン内部の湿度を下げる目的です。

エアコン内部は普通に使っていると2〜3年程度でカビが目に見える形になり、プロの高圧内部洗浄をしたくなってきますが、1年でも伸ばすことができれば財布にもやさしいですね?

ちなみに、送風運転時の電気料金は微々たるものです。


posted by 掃除の達人 at 23:00 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンで簡単花粉対策



花粉対策用のエアコン空気フィルターがあります。

エアコンの吸気口(エアフィルターが付いているところ)にエアコンのカバーの上から貼り付けるだけの簡単花粉対策フィルターです。

今使っているエアコンに空気清浄機能をプラスできるようなものです。


商品によっては消臭、抗菌効果まで期待できるものもあるようです。

ただし、吸気口の上に一枚フィルターをプラスするので、吸気量(効率)は何もしないときよりは悪くなります。

花粉対策フィルターが新品の時は良いかもしれませんが、時間が経ち、ホコリやハウスダスト、花粉が目詰まりしてくると尚更吸い込みが悪くなることが想定出来ますから、注意しておくほうが良いでしょう。


花粉の粒子の大きさは約30μmと小さいものなので、フィルターの目も細かいです。

目詰まりしないような工夫は施されていると思いますが、モノには限界というものもありますので、推奨交換時期は守りましょう。


他には特に花粉症の季節になると車のエアコン用フィルターも対応させておくといいかもしれません。

車のエアフィルターなんてどこにあるか分からないし、交換なんて出来るの?という方も多いと思いますが、車のエアフィルターって放置されていて大変なことになっていることが案外多いです。

商品は各社出ていて、さまざまな効果効能を謳っています。

花粉が飛散する時期は特に需要が伸びるようです。


posted by 掃除の達人 at 10:00 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク