スポンサードリンク


自動掃除はフィルターだけ、臭いは消えませんよ

年々エアコンは進化してきていますね。

エアコンクリーニングも昔は自分でもなんとか出来ました。

近頃のエアコンの構造はかなり複雑になってきていることや、熱交換器の目の細かさもあり、もはや自分でなんとかエアコン掃除できるレベルではなくなってきてしまいました。

第一にフロントパネルの着脱すら大変で、下手に行うと簡単に壊れてしまいます。

エアコン洗浄スプレーも、使い方や掃除方法をきちんとやらないと、かえって汚れの再付着や、臭いがひどくなる原因になってしまいます。

エアコンクリーニングをしたのに、余計に臭くなってしまうんですよ!?

それならいっそのこと、プロのおそうじに頼んでしまいましょう。

それなりの料金はかかりますが、送風経路全体をすっきりキレイに掃除してくれて、あのくさい臭いもスッキリします。


今では色々な業者がエアコンクリーニングサービスを行っています。

少し前までは最大手のひとつ、ダスキンのエアコンクリーニングでもどうかな?という段階でしたが、今ではかなり技術も熟成されていますので、安心してエアコンクリーニングを申し込みできるレベルにあると思いますよ。


クリーニングについての注意点ですが、早めのクリーニングを心がけましょう。

エアコンの構造上、いくらプロのエアコンクリーニングでも長年の蓄積した汚れを完全に落とすのは至難の業です。

3年程度を目安に、吹き出し口の付近に黒い点々(カビ汚れ)が現れたら、掃除の目安です。

自動おそうじ機能、自動フィルター掃除機能などの自動クリーニング機能付きのエアコンは、フィルターをキレイニしてくれるだけです。

熱交換器の汚れやエアコンの臭いまでは掃除してくれません。

内部を高圧洗浄するプロのクリーニングを依頼する間隔は、自動クリーニング機能無しのエアコンよりも1〜2年伸びる程度で、掃除しないとやっぱりエアコンは臭くなってしまいます。


posted by 掃除の達人 at 16:32 | 自分で出来るエアコンクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンが臭くなる仕組みとタイミング

去年買ったばかりの新品のエアコン、爽やかだったはずなのに今年はなんだかくさい臭いがする、ってことありますよね?

実はご家庭の使用状況によっては、たった一年だけ使っただけでもエアコンはクサクなってしまいます。


ペットを飼っているお宅では、ペット臭が、やタバコを吸われるご家庭ではたばこ臭が、エアコン内部は、とても臭いがたまりやすいのです。

すぐに、いやなニオイが発生しやすくなる環境です。

そのほか、

・常に締めっ切っている
・洗濯物はいつも部屋干し
・エアコンは除湿しか使わない
・毎日少しだけエアコンを使う

これらもエアコン内部に臭いをためてしまい、臭いが付着してしまう原因になっています。


対処法として芳香剤エアコン消臭剤を使うことが思い浮かぶのですが、それらはほんの一時しのぎにしかならないことを覚えておきましょう。

次にスイッチを入れた途端、またイヤな臭いが吹き出してきます。

お金はかかりますが、空気の入り口から出口まで(フィルターから熱交換器、吹き出し口、送風ファンなど送風経路全般)を全て清掃してくれるプロの掃除業者にエアコンクリーニングをしてもらうのが手っ取り早いです。


ちなみに、ただ冷房しているだけでも、匂うときと匂わないときがあること、気付いていましたか?

設定温度を下げて室温を低くしようとする運転中は臭いが気にならないはずです。

冷房中の温度が低い空気は嗅覚が感じにくいこともありますが、エアコンの構造上臭いが出にくくなります。

逆に、冷やされていない(稼働していない)ときには臭い匂いが、エアコン内部にどんどんたまっていきます。

その臭いが次のエアコン稼働時に一気に吹き出してくるので、くさく感じる度合いが大きくなります。


posted by 掃除の達人 at 21:14 | エアコンのカビや臭い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンクリーニングで電気代を節約

エアコンクリーニングをすると良く冷えるようになるのは当然です。

クリーニングのメリットは他にもたくさんあります。

最初に述べた冷暖房効率のアップ、送風量の増加(いずれも設定温度に近づける時間短縮効果があります)、室内空間の空気汚染度の改善等々。

エアコンが汚れていると、設定温度になるまで時間がかかり、常にエアコンに負荷がかかっている状態になります。

すると、稼働時間=寿命なので、本体の寿命にも影響します。


その中でも注目される、電気代にスポットをあてて考えてみましょう。

冷暖房時、何に電気を消費しているかと言えば、熱交換(冷やしたり、温めたりする作業)をしているときに一番多くの電気代が使われます。

クリーニングすることで、熱交換率は良くなります。

つまり熱交換している時間は短くなるので、消費電力が少なくなる結果に。

一回の短縮時間は短いものですが、エアコンは長時間使うものなので電気料金の累積金額は相当なものになるのです。

ちなみに、電気代と言えばドライ運転は、単に冷房するよりも電気料金がかかるということ、聞いたことありますか?

特に寒くならないドライ運転では、除湿する際に冷えてしまう空気を排出(吹き出す)前に加熱しています。

加熱など、熱変化を伴うことには莫大な電気を使用するのです。

快適と引き換えに電気料金がかかるということも覚えておきましょう。


posted by 掃除の達人 at 21:26 | エアコンクリーニングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの寿命は短くなっているのか?

エアコンに限らず、電化製品の寿命は昔のものと比べると短くなっているような気がしませんか?

大量生産や生産効率を重視する現代では部品の耐用年数もきっちり計算され、数ある部品の中でも寿命が短いものに合わせて全体の寿命設計もされているようにも思えてしまいます。

最近のエアコンでいうと10年程度が寿命と思っていれば、いわゆるハズレに遭遇してもあとで困らないとは思いますが、レンジフードや冷蔵庫なども、似たようなものだそうです。

ただしレンジフードや換気扇、他の家電なども同じですが、1日何時間使って何年持つといった計算ですので、一日中換気扇のスイッチを入れていれば、10年経たずにダメになる可能性が高くなってくるのです。

昔の機械は構造も単純に作られていて、それぞれの部品も頑丈でした。


ここで、エアコンの寿命を仮に10年程度とすると、エアコンクリーニングの推奨期間は2〜3年(おそうじロボ付きエアコンならもう1年足せばいい)ですので、3年毎に掃除をしてもらうと、3回目のタイミングで寿命がきて、買い替えということに。

安い機種だと、5万円しないものもありますし、1台10,000円前後のクリーニング料金なので、3〜5回のクリーニング実施で本体価格ほどに届いてしまいます。

フィルター自動お掃除機能付き、いわゆるお掃除ロボットですと、1台2万円のクリーニング料金と、一般エアコンの約2倍程度が相場です。

ただし、お掃除ロボット機能付きエアコンは本体価格もかなり高いので、買い替えよりもクリーニングのほうがお得なのかもしれませんね?

posted by 掃除の達人 at 13:20 | エアコンクリーニングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコン内部のカビを一掃する方法

5月中旬頃から急に暑くなると、誰でもエアコンのスイッチを入れたくなりますが、でもちょっと待ってください。

エアコンの内部のカビが出てくる量は最初の10分間が一番多くなります。

5月から夏にかけてエアコンの中はカビにとっても最も住みやすい環境になり、アスペルギルス・フミガタスというカビの中でも医者でも震え上がると言われる最強のカビがたくさん繁殖してしまう危険性があります。

アスペルギルス・フミガタスをたくさん吸い込むことによる害は、重症なぜんそくや、蓄膿症など呼吸器の不調を引き起こすということ、さらに悪いことに治りにくく、重症化してしまうという特徴があります。


そうならないための、誰でも出来るエアコンのカビ対策はとても簡単な事でした。

エアコンをつけるときに、窓を開けて10分間送風運転(出来なければ冷房でも可)をするだけ。

最初の10分間ほどで、大体のかびはエアコンから出て行ってしまうそうです。


ポイントは部屋を閉め切らないこと。

窓を全開にしてエアコンから出たカビは換気してしまうんです。


難しいのは、毎回したほうがいいということ。

私的には、1ヶ月に一回ほどでいいので、暖房運転を行い、熱交換器に付着しているカビやダニを熱でやっつけてしまうことをおすすめしたいですね。

暑いときは、すぐに部屋を涼しくしたいものですが、カビの被害から私たちの身体を守るためには我慢してカビを排出してしまいたいものです。

posted by 掃除の達人 at 20:36 | エアコンのカビや臭い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコン洗浄スプレーの効果的な使い方

エアコン洗浄スプレーというものが市販されていますが、その実力はどの程度なのでしょうか?

費用だけを見るとプロのクリーニングよりも随分破格で安付くが、どうだろう?家計にもやさしいのか?

など、様々な憶測&興味が出てくると思います。

エアコン洗浄スプレーというのは、エアコンのアルミフィンで出来ている熱交換器の部分(本体内部の銀色に光っている暖かい空気を冷やす部品のこと)をキレイしよう、という目的の商品。

なかには、送風ファンも一緒に洗浄できるという製品もあるようですね。

通常、エアゾール式のスプレー缶で、アルミフィンの部分にシューっと吹きかけて専用の洗浄液と共に汚れを掃除してしまおうというもの。


中身はエアコン冷却フィン用合成洗剤というもので、成分は界面活性剤、安定化剤、抗菌剤と消臭剤など(商品によって異なります)から成ります。

1本で「洗浄/除菌/消臭/抗菌」と全て行なえる!というものまであるようです。

使う際のポイントですが、スプレーする前には出来るだけ表面のホコリやゴミなどの汚れを掃除機などで吸い取っておくこと。

なるべく、というか必ず熱交換器表面のホコリ達を除去しておきましょう。

残ったホコリは、スプレーの勢いで奥に押しやられると、そのままになってしまう可能性が高く、内部に残った汚れが付いたホコリは匂い等の原因にもなるので、なるべく固形物は取り除いておきましょう。

あとはそれぞれの取扱説明書に忠実に従い清掃を始めましょう。

ココも重要ポイントです、手順を変えると後でトラブルが起こることもありますよ。

洗浄スプレーを使用しても臭いが取れないという場合は、専門のクリーニング業者に依頼するといった本格的な手段を取る方法が良いです。

特に送風ファンは素人ではきれいに掃除することは、まず不可能とも言えるところなのです。

posted by 掃除の達人 at 22:37 | 自分で出来るエアコンクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここだけは手を抜いてはいけないエアコンの掃除の仕方



エアコンの内部、エバボレーターと呼ばれる熱交換器を高圧洗浄するときに、絶対外せない工程があります。

ここで手を抜くと折角の内部クリーニングが台無しになってしまうかも!?って言うほどのものです。

手を抜いてはいけないこと、それは熱交換器(エバボレーター)の表面に付着しているホコリ等の汚れをきれいに掃除機で吸いとる作業(バキューミング)は必須となります。


ここで手を抜いて表面のゴミを残したままにすると、高圧洗浄の際に洗浄液とともに熱交換器の奥にゴミ、ほこりは飛ばされてしまいます。

これがなかなか除去できないんです。


大昔、クーラーが登場したころのエバボレーターのアルミフィン間隔は今と違いとても広いものでした。

その頃のものであれば、洗浄前の掃除機がけくらい手抜きしても掃除のときには広いフィンのあいだをゴミは通り抜けてきました。

熱交換器自体も厚みはあまりなく、薄かったので容易に洗い流せたという訳です。


しかし、今では熱交換器のフィン間隔も非常に狭くなっていて(冷却フィンの総面積を増やし、少ない容積で冷房効率を高めるためです)、厚みも2重、3重と重ね、さらに熱効率を高める努力をメーカー各社が競っています。

そのため一旦汚れが奥に入るとなかなか高圧のまま洗浄液を届かせること自体困難な状況にあるんですね。


そのため天井に埋まっているものや、部屋の隅につりさげられている天吊り型などの業務用エアコンと呼ばれる機種のほうが洗いやすいというのが現状です(クリーニング料金は高いのがデメリットです)。


posted by 掃除の達人 at 09:35 | エアコン洗浄方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カビ臭を抑えるための簡単な方法とは


なぜ昔のエアコンは掃除しなくて良かったのでしょうか?

今のエアコンはリモコンがついているので、電源のオン・オフは一発です。

ちょっとした付加機能があるものなら、内部乾燥という目的で冷房停止後もしばらくは自動で送風状態を続けた後停止てくれるものもあります。


一昔前のクーラーと呼ばれていた冷房専用機の場合、冷房運転をする前に5分程度の送風運転を、また停止前の5分から10分ほどは、送風運転をしなければ、壊れると教えられて送風運転をしていました。

運転前後の送風運転という手順が功を奏してカビの抑制に役立っていたのではないでしょうか?

夏季に冷房運転をするとエアコン内部には必ず水(結露水)でビショビショに濡れてしまいます。

そのままスイッチを切ると内部が濡れたまま室温が上昇し、高温多湿状態になり、運転中に吸い込んだホコリやハウスダスト、かびの胞子などでカビが一気に育つ環境が出来上がってしまいます。

電源オフのまえに送風運転をすると、内部の湿度を排出し乾燥させることが可能で、カビの増殖を抑制する効果が期待できるのです。

それにしても、その頃でもカビの発生や酸っぱい臭い、雑巾のような臭いは発生していたと思われますが、そのころは気にする人もいませんでした。

そもそも、普通の人はエアコンクリーニングなんて発想もなく、水をかけるなどということが出来るとは夢にも思わなかったでしょうね。


posted by 掃除の達人 at 22:04 | 日常の掃除方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーエアコンが臭いときの即効技


あるとき、ふと冷房中の車のカーエアコンがなんだか臭いな、と感じる時がありませんか?

いつも強烈に臭い匂いを発しているカーエアコンならエバボレーターの洗浄などで根本の匂いの元を洗い流さなければならないかもしれません。

でも、そうでない場合は、ある方法で臭いが軽減されるかもしれません。


その方法とは?


まずは、一気に強風で一番熱い暖房運転で熱風を出します。

この間5分もあれば十分。

1、2分でもOKではないかと思います。

ちょっとでも効果はあるので、その後暖房をゆるめて(温い状態で)しばらく運転。

その後スイッチは切ってもOKです。


この後の冷房は臭い匂いが減っていると思うのですがいかがですか?

一般的な家庭用エアコンに搭載されている機能で「内部クリーン」という臭いカットの操作で動作する動きが実はこの操作と一緒なのです。

汚れが付着している内部の熱交換器を熱し、水分を乾燥させる目的と、生え始めているカビの根を絶やすのが目的です。

熱された空気は相対湿度が下がり、乾燥した空気で送風ファンによって、送風経路のカビ防止にも効果が期待できるという訳です。

これで何回か、幾シーズンかはこの方法で何とかなるかも知れません。

でも臭いが我慢できなくなったら、エバボレーター洗浄も検討しなくちゃいけない時期が来るでしょうけれど。。。


posted by 掃除の達人 at 20:01 | 自分で出来るエアコンクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーエアコンを掃除する


車にもエアコンは付いています。

さらに車は限られた狭い空間で、飲食の機会も多いと思いますので車内には色々な匂いが残りやすいでしょう。

カーエアコンは、いつの間にか意外と早く臭いが付いてしまうものです。

密室となるので、ちょっとでも臭いがあると気分が悪くなることもありますね?

くさいより、さわやかな車内のほうがいいのは言うまでもありません。


よくディーラーやショップ、ガソリンスタンドでは車のエアコンクリーニングをおすすめしてくれます。

エバボレーターと呼ばれる熱交換器部分を洗浄するのですが、洗浄方法や料金に幅がありすぎて、どの程度の価格が相場なのかがよく分からないのが実情でしょう。

注意しなければならないことは、エアコン消臭スプレーなどを使用しても内部の汚れは落ちません。

消臭スプレーでは一時しのぎ。

洗浄液を使わないと汚れは取れないのです。

出来る事なら、洗浄工程のあとに水でのリンス工程があると良いですね。

最後にブロワなどで乾燥までしてくれるサービス内容だと尚良しです。

また、家庭用壁掛け型用の市販洗浄スプレーのように洗浄剤を吹き付けてあとは冷房時の結露水で汚れを流していくという方式もあります。

その場合は、「しばらくクーラーをつけておいてください」と言われますのですぐにピンときますが。


posted by 掃除の達人 at 19:56 | エアコンクリーニングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク