業務用エアコンって何?

エアコン3

一般的に家庭用エアコンと呼ばれるエアコンは昔からよくある形で、壁に付いているクーラーを想像していただければ良いのです。

しかし最近のものは形は同様でも、業務用エアコンという括り(くくり)に入っているものもあるんですね。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

簡単な見分け方ってありますか?

違いはいくつかあるんですが、まずは電源

大きく分けて、100Vか200Vの違い、つまり電気代もそれによって違ってきます。

最近は大きな空間を冷暖房出来る機種もありますが、基本的には家庭用は小型から中型(20畳程度)までを、業務用は中型以上のものを指す場合が多いです。

しかし、能力の数値的カロリーが同じであれば能力はほぼ同等と思っていて良いと思いますが、根本的に業務用のエアコンはかなりタフな造り(耐久性が良い)になっているそうです

繊細な、細やかな動作を求めないのであれば圧倒的に業務用に軍配が上がるとのこと。

反対に家庭用のエアコンはデザインにはじまり、マイナスイオン機能や、空気清浄機能といった付加機能が多く搭載されているものが目立ちます。

送風音や風量設定等が大まかでよいなら、単相200V(ボルト)の業務用エアコンのほうがおすすめです。

クリーニング業者的には見た目の違いは関係なく、シンプルな分業務用のほうが作業がしやすい分だけ喜ばれるかもしれません。

構造は簡単でも、料金は変わらないことが多いんですが…。

ちなみに、いくら一般家庭に設置してあっても、天井に埋まっているエアコン(天井カセットタイプ)や、お弁当箱が天井すれすれにくっついているようなタイプは小さくても業務用エアコンのくくりにされることがほとんどだと思います。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)