カーエアコンが臭いときの即効技

あるとき、ふと冷房中の車のカーエアコンがなんだか臭いな、と感じる時がありませんか?

いつも強烈に臭い匂いを発しているカーエアコンならエバポレーター (evaporator) の洗浄などで根本の匂いの元を洗い流さなければならないかもしれません。

でも、そうでない(時々臭い)場合は、ある方法で臭いが軽減されるかもしれません。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

一瞬で臭いを消し去る方法とは?

まずは、一気に強風で一番熱い暖房運転で熱風を出します。

この間5分もあれば十分。

1、2分でもOKではないかと思います。

ちょっとでも効果はあるので、その後暖房をゆるめて(温い状態で)しばらく運転。
その後スイッチは切ってもOKです。

この後の冷房は臭い匂いが減っていると思うのですがいかがですか?

一般的な家庭用エアコンに搭載されている機能で「内部クリーン」という臭いカットの操作で動作する動きが実はこの操作と一緒なのです。

汚れが付着している内部の熱交換器を熱し、水分を乾燥させる目的と、生え始めているカビの根を絶やすのが目的です。

熱された空気は相対湿度が下がり、乾燥した空気で送風ファンによって、送風経路のカビ防止にも効果が期待できるという訳です。

これで何回か、幾シーズンかはこの方法で何とかなるかも知れません。

でも臭いが我慢できなくなったら、エバポレーター洗浄も検討しなくちゃいけない時期が来るでしょうけれど。。。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)