エアコンが効かない原因とチェックポイント

エアコンが効かない!

そんな時はエアコンクリーニング(内部高圧洗浄)を依頼する前に、慌てずにフィルター掃除を試してみましょう。

よく、エアコンが効かないときは「ガスが無いんだよ」とか言いますが、そんな簡単にエアコンのガスが抜けることは、あまりありません。

エアコンが効かない原因はもっと、簡単なところにあることが多いんです。

その一例がフィルターの目詰まりです。

エアコンは室内の空気を吸って、内部で熱交換(=冷やす)をして、吹き出し口から送風ファンを使って冷気(暖房のときは暖気)を送り出します。

室内の空気を吸引するとき、中がホコリなどで汚れないように、エアフィルターというものがあるんですね。

そのエアフィルターが汚れて目詰まりしていると風の通り道が少なくなって、「空気を吸いこめない=風を吹き出せない」というふうになります。

エアコン掃除は内部洗浄だけではありません、単に冷えない、効かないときは、まずエアフィルターを疑ってみては?

ちなみに、全く冷たい空気が出てこない場合は、エアコンの室外機が故障していたりとか、外気があまりにも猛暑で冷房が追い付かなかったりと、エアコンが効いていないように感じることもありますが、その場合は力不足なんですね。

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
GoogleAdSense(336×280)